ピアノとレッスンと音楽のある生活


by yukkipiari

<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

教室の名前

簡単に苗字の○○教室がシンプルでいいか~と思いながらも
私のありふれた苗字が本当は気に入らないから(夫よごめん)
なんか違うのつけたいのです。本当は。

が、音楽用語とかもな~
なんか照れちゃうかんじだし~


なんか、いいのないかな~

といいながら、やっぱり単純に苗字なんだろうな。
[PR]
by yukkipiari | 2008-04-26 13:42
ピアノママ=家での練習コーチ ですね。

幼稚園~小1、2年くらいまではきちんと身につけるためには絶対的必要な存在です。
(中にはひとりでも、天才的にできる子はいるかもしれませんが)

先生に言われた事を、抜け目なく、怠けることなく、無駄な練習にならないよう
効率よく行えるよう、家での練習の見張り役は大きな存在です。

私はピアノ指導者でもありますが
ピアノを習い始めて1年の次女のピアノママでもあります。

ピアノ指導者も世間一般から思われている数十倍 気力も労力も使い大変ですが
毎日練習に付き合うピアノママも思っていた数十倍 数百倍大変です。
(子供の性質上私の場合特に!ですが、、、)
将来音楽の道に進むことを約束したわけじゃないのに何故こんなに?

そんな時は発想の転換。
すべてがピアノではない。
ピアノだけがすべてではない。
24時間中
たった1時間よ。と。(練習時間は子供それぞれ、うちの場合です)

それだけがんばれば、積み重なって子供に身につくものは、宝物です。
が、ママのためのピアノにならないよう
近い将来の自立のために、今は手伝うって所が肝心ですね。

でも、重く考えすぎず気楽に、息抜き、手抜きしながらやてます。
これも続けられるコツかも028.gif
[PR]
by yukkipiari | 2008-04-25 21:30

レッスンに通い続けよう

うちの教室には小学校新1年生が5人います。
うちの次女も新1年生です。
み~んな疲れてます。
なんとか励まし、なんとか練習を怠らないようコーチしてます。

そして新中学1年も1人います。
残念ながらリタイアしそうです。

しかたないですね、、、難関中学に合格し、
新しい環境に馴染む疲れ+ワクワクの部活動へ気持ちが向き
ピアノから遠ざかっているのでしょう。

↑の生徒さんはピアノ暦2年くらいです。

レッスン一時?永遠?休止ということになりそうですが
ピアノはキライではなさそうなので
家で好きな曲を自分で弾いて、楽しめるくらいには成長してくれたと思います。
頭がいいので音符をしっかり理解していることは強みですね。

でも、指導者としての私の思いは、
レッスンに通い続けて、人に喜んでもらえるピアノ を弾けるように成長させたかった。
本当の意味でピアノを弾ける喜び、を味わってほしかった。



うちの長女も、もう受験生で練習なんて週2、3回くらいしかやっていませんが
それでも継続は力なり
聞えてくる音は結構ここちよいです。(なんつーヘタな音って時も多々だけど)
趣味の範囲であろうと、細々とであろうと、大学生になっても、OLになっても、レッスンに通いつづけ、↑の事をかなえて欲しいな~って思います^^。
[PR]
by yukkipiari | 2008-04-25 21:10