ピアノとレッスンと音楽のある生活


by yukkipiari

<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

そうそうこれ買った

f0159450_21103917.jpg

EDIROL Roland R09HR
ピアノの生音を高音質で録音再生できるいいものないかな~って探してたところ
ピアノの先生友達が紹介していたコレ
録音はレッスンでも、ホールでも大活躍
再生は、スピーカーにつなげれば大勢でも聴けるしすっごーく重宝

が、↑のモデルは色が黒しかなく、ビジュアル的にイマイチじゃないっすか
一つ前のモデル↓のほうは、色がかわいいっ

f0159450_21184684.jpg
f0159450_211857100.jpg

[PR]
by yukkipiari | 2008-08-13 21:11

7月 コンクール

年長からレッスンに通い始めちょうどピアノ歴1年の次女
今回コンクールに初挑戦

結果は予選落ちしてしまいました025.gif007.gif(ピアノの先生の子がこれでいいのか、、という雑念大いに有りな私)

同じ教室内で、同コースを受ける子全員でリハレッスンなどもあり
その中で聴いていると、2年生や、年少さんから始めている子に比べ
指のタッチもまだまだだし、コントロール力も劣っているので
良い所まではできているけど、いまひとつ合格ラインの演奏に仕上がってこないのは
その辺が大きいかな~思い
コンクール前々日、レッスンで聞いてみたら

先生は 「このコースでは 親と子の 気 がもっとも重要。タッチ、指などテクニックは二の次。○○(次女)ちゃんに欲しいのは 気 だけ」
とのこと。(先生、、私の 気 も足りないと とっても言っているのがよくわかります、、、)

確かに、次女に一番足りないものは 人のアドバイスを受け入れて、やろうとする精神力
練習でこれができないがためにどれだけの無意味な親子バトルを繰り返してきたか、、、
ま、この歳で それが出来ている子というのは生まれ持った性格もあるのだと私は思う。
あと、自分の子供とうまくかかわることができる親の能力、、、。

コンクール当日
次女の演奏は、綺麗な音が最後まで聴こえたので私の中ではもしかしたらいけた?
と思ったけど
同じステージ袖で聴いていた、次女の先生は
「あ~、、テンポが少し上がり足りない。傷なく無難には弾けたけど、、」と残念そう、、
即、結果がわかったのでしょう、、やっぱり、このコンクールのプロだわ。


審査結果発表後、車の中で、ひざを抱え泣いた次女を、生んでから一番いとおしいと思った私。
次女の場合、いままでどんなことも、難なくこなすことが多く、
私から見ると、どちらかといえばではあるけど
自信過剰の高飛車的な部分が見えていたので
今回のことは次女にとって本当良い経験だったわ。


その数日後、ピアノ歴1年の、うちの生徒も3人コンクール初挑戦
こちらは、かなりの受賞人数ということもあり、3人とも入賞。
素敵なドレスを身にまとい、ステージで表彰されることはさぞかし嬉しいことでしょう。
こちらのコンクールは、曲も易しく当日1週間前まで、
普段のテキストを休まず参加できたので、よかったと思う。


そしてその後、次女も生徒ちゃんたちも、
ピアノに向かう姿勢が変わったのは言うまでもありません。

けっして楽しいばかりの練習ではないけれど「やらなければいけないこと」
と小さいなりに認識したようです。
[PR]
by yukkipiari | 2008-08-11 10:20

ホールフェチ

7月はコンクールやコンクール説明会、聴講などで色々なホール6箇所巡った。

その中で
ルーテル市ヶ谷ホール
公開講座レッスンで、ちびちゃんたちのつたない演奏しか聴けなかったので
音の響き方とか、よくわからなかったけど
(リサイタルとかも多く開催されているので良いとは思います)
その古さも魅力に加わりビジュアル的にもとっても素敵なホールでした。
[PR]
by yukkipiari | 2008-08-10 12:31