ピアノとレッスンと音楽のある生活


by yukkipiari

<   2008年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

その後

またしても放置状態になってしまった。。。。

発表会一週間後、来年の発表会の抽選へ
1年前の抽選ってあり?(せいぜい半年前でいいじゃん)と思いながら
今年行ったホールがやっぱりちょうど良い
(新しいし 綺麗だし ちょうど良い席数だし スタインウエイだし)ので
来年12月土日8枠を 30人で争う高倍率の中 勝ち取ってきました。

1年前に発表会の日取りが決まっているなんてはじめて~~~

発表会後 何より嬉しいのは 
母子共に来年はステップアップを!と闘志がみなぎっていること。
ピアノを習っていることを一層楽しんでくれてること。

「家族でクラシックのコンサートに行ってきました~」と嬉しそうに報告してくれたり
はじめたばかりで今回は演奏できなかった生徒さん母が
「来年はどんなドレスをきせようかとすご~く楽しみで今から探してます」と言ってくれたり
たまにしかこない大人の生徒さんが
「これからはコンスタントにきちんと通います」と言ってくれたり
一時はやめようとしていた中学生ちゃんも
「はやく新しい課題をお願いします」とメールくれたり

ま、ずっとハイテンションでいくわけはないと解ってはいながら
発表会の1番の意味が果たせたかな~と とっても嬉しい私です。


さて、私ですが
川上昌裕レベルアップ ピアノ術 Part2
              ~ショパンを弾いてテクニックを向上させよう~

の講座に行ってからショパンに はまってます。(影響されやすいともいう)
長いものは時間的にも無理(フヨミが)なのでエチュードやノクターン 遺作集から など
短いものを同時進行。
エチュードなんて学生の頃弾いたのだってすぐぱっと弾けないしな~
ひさみさショパンに没頭するのも 楽しいかも。
来年はショパンを持ってレッスンにいくぞ~~っと。

講座ですが 「行きたい!」 と思ったものにいくのは勉強半分 楽しみ半分
内容が重要ではあるけれど 先生の人柄が見えたり
トークのエンターテイナー的な部分も楽しみで

講座を開講する先生というのはどの方も実力と知識の宝庫だと思うのですが
川上先生は 強さと勢いで説くというより
シャイで控えめな人柄が より誠実さをアピールして会場を沸かせ
1つ1つの話が説得力をもち 

なので今私もショパンにはまっているのだと思います。(笑)
[PR]
by yukkipiari | 2008-12-20 15:21